《モビット》即日融資の審査に受かる7つの条件|評判・口コミ

30分程度の時間で結果が分かるモビットの審査

モビットはインターネットから契約の申込をすることができます。

住所氏名生年月日などの基本的な個人情報の他、勤め先や借入希望額、現在の借入金などを入力します。

希望額によっては必要になる書類が変わってきます。

50万円以下の希望であれば収入を証明する書類は必要ありません。

それ以上になる場合と、他社の現在の借入額と借入希望額の合計が100万円を超える場合は収入証明が必要です。モビットは総量規制対象の金融機関です。年収の3分の1以上の貸付をすることはできません。ネットからの申込の場合、書類の写真を送信できるので、手元に必要なものが揃っていれば短時間で申込から契約までを行うことができます。もちろん店頭や店舗にある自動契約機でも手続きをすることはできます。

しかし移動する時間などを考えると自宅からインターネットで契約するのが最も早いでしょう。
カードが手元になくても、契約が完了した時点で指定した口座に振込みをしてもらうこともできます。

また、無利息期間が必要な方はアコムもオススメです。

審査を通るために気をつけなくてはならないこと


審査に通らないと契約することはできません。

しかし無事に通過できるかどうかは会社の判断に任されます。現在の借入が全くなく、安定した収入があるのであればまず落とされてしまうことはないでしょう。現在借入がある場合は、正しく正確に報告することが大切です。

嘘を書いても必ずばれてしまうのです。それは申込をした段階で、モビットは信用機関に個人情報の問い合わせを行います。

信用情報にはカード利用履歴や現在の借入額などが蓄積されています。ここで入力されたものと信用情報上のデータに違いがあると、借入額を把握していないだらしがない人、もしくは嘘をつく人として判断され、信用を失ってしまうためです。

また同時に複数の申込をするのも控えたほうが良いでしょう。通常3件以上に同時に申込をすると、審査が通りにくくなってしまいます。今後別のカードに申込をするときに影響が出ないよう、お金を借りたら必ず返済期日を守るということも大切です。延滞している場合も記録が残ってしまうためです。
 

モビットで即日融資額を増やしてもらう2つの方法


モビットは三井住友銀行系と宣伝をしていますが、消費者金融です。

そのため総量規制対象業者となっており、例外を除いて年収の3分の1以上の借入をすることができません。すでにモビットと契約をしている場合、融資額の増額申請は即日返事を貰うことができます。

増額希望の連絡をすると、その場で審査をしてくれるので、もし融資額が増額されれば即日利用することができます。
他社に借入があり、その会社が総量規制の対象であった場合は、それを含めて年収の3分の1までの枠となります。

他社の借入額が大きければ大きいほど、モビットでの限度額は小さくなってしまいます。融資額を増やしてもらうには他社の借入を圧縮しなくてはなりません。まだ少し枠に余裕がある場合、それを利用して他社を返済すると良いでしょう。返済した分を連絡して増枠することで再び返済に回すことができ、最終的には他社を完済してモビットに一本化することができます。
 

収入証明の提出で増枠


モビットに限らず多くの消費者金融や銀行での契約は小さい枠からスタートします。

最初から最大の枠で契約できるということはまずありません。モビットのカードの最大の融資枠は500万円なので、もし仮に最大の枠で契約するとしたら年収は1500万円以上必要になります。小さい枠の場合は収入証明書は必要ありません。

しかし50万円以上の契約となる場合は提出義務が発生します。増額してもらう場合は収入証明書を提出しましょう。メンバーのMyナビから簡単に提出することができます。書類の提出が済んでいると、こちらから申請しなくても勝手に限度額が増えていることもあります。

その反対に勝手に限度額が減っていることもあります。収入証明書はできるだけ毎年提出するようにしましょう。

提出したものが古いままだと連絡が来て、新しいものを提出するように言われることがあります。収入が減ってしまった場合に備えて、年度末あたりは債務を圧縮しておくと良いでしょう。